23歳独身女性声優のセフレの探し方

私は彼氏に愛されていないと思っていた。でも、皮肉なことに別れてから彼としたセックスで
付き合っていたあいだ、この男は私を愛していたということを知った。

別れてからの男からのセックスの誘いはセフレへの招待状だ。セフレはセフレでしかない。セックスしたからといって彼女に戻るわけではない。
なのにやってしまったのだから、馬鹿なのだろう。

付き合っていた頃、男は私が嫌がることはしなかった。フェラはやらせても口内で射精することはしなかった。だしていい?と必ず
一言聞いてきた。私が拒否をすると、出さずにペニスを抜いていた。
必ず肌に触れる前に、裸にする前に、ハグをしてキスをしてきた。そして丹念に私を愛撫し、愛おしそうに顔を見つめて、
色々な角度から私の顔をみつめて、そして好きだよ愛しているとキスをする、そんなセックスだった。

別れてからのそれは違った。
許可もなく口内射精をした。ビックリした。精液が口の中に入ってきたのは、始めてだった。
キスもハグもなく、愛撫もなしに、彼はペニスを挿入してきた。

セックスする前に、彼は呟いた。別れてから会うのは一ヶ月ぶりだった。
「お前があれさえしなければ、俺とお前は結婚していたのかもしれないのに」
そう哀しそうに言った。
「俺はお前が好きだった。だから付き合ってと自分から言った。でもそれをぶち壊したのは、あなただ」
そう言って私を見下ろし、ペニスを口の中に突っ込んできた。

憎しみをぶつけられたかのような、悲しみと復讐心が入り混じったようなセックスだった。
悲しかった。

私は探し方がわからない。
色々なことがこんがらがって、このルートにたどり着いてしまった。
こうなりたかったわけじゃない。
幸せになれる道の探し方さえわかっていれば、よかった。

ヤリマン痴女の気持ち